新宿でしかできない101のこと
27

「趣のある空間で、思いっきり笑いたい!」

深夜寄席に集う。


@新宿末廣亭

古いものとの新しいものが混在する新宿のなかでも、ひときわレトロで雰囲気たっぷりな空間が広がる〈新宿末廣亭〉。 いつ行っても落語を楽しむことができます。落語を中心に漫才や俗曲など多彩な演目で、時間が経つのが本当にあっという間。
「2階の畳席から見下ろす風景がかわいい!今度、時間を作って来たいな〜」なんて人にうってつけなのが、深夜寄席。 毎週土曜日の夜の部が終了した後、若手噺家たちの研鑽の場として21:30〜23:00まで開催されている興行で、木戸銭500円で楽しめるのも魅力です。 新宿散策の締めに、深夜寄席でひと笑いしてから帰途につく休日もおすすめ。

  • 06_27_2.jpg
  • 06_27_3.jpg

ハリのある生地に紫陽花柄を染め抜いた凛とした雰囲気のゆかた。レースの透け感がかわいい兵児帯とあわせて、 インナーもレーシーなムードに。
〈シアタープロダクツ〉ゆかた50,400円、兵児帯19,950円、帯締ベルト13,650円、バッグ13,650円[本館7階=呉服]
〈シアタープロダクツ〉カットソー・バングル・イヤリング(参考商品)

※ 2013年7月現在の情報です。

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
ABOUT