ピクニックするのに遠出は不要。お弁当を手に、いざ<新宿御苑>へ。門を一歩入るとそこは別世界。外の喧噪と切り離された緑の静かな庭園です。
「大都会の真ん中でも自然とつながれる時間を過ごせて最高!」
大きな空の下に広がる芝生を目の前にしたら、靴を脱いでくつろぎたくなってしまいました。芝生の上でのランチ、とっても贅沢です。 (※アルコールは持ち込み禁止、遊具類は使用禁止)
新宿区内藤町11/入園料一般200円、小中学生50円/
9:00〜16:00(閉園は16:30)/毎週月曜日休園(月曜日が祝日の場合は翌日)

新宿御苑から少し足をのばした新宿4丁目は、まるで都市の死角のように時間の流れに取り残された不思議に静寂なエリア。 素泊まり旅館が並ぶ安宿街に隠れるように佇むのが、<ギャラリー新宿座>。
「秘密基地みたいで、たどり着けるかドキドキワクワク!」
展示はアンダーグラウンドな“新宿的”なものから、油絵や写真といったオーセンティックなアートまでさまざま。
「ギャラリーのこぢんまりとしたサイズ感がちょうど良くて、展示の世界にどっぷりとひたれました!」
新宿区新宿4-4-15

すっきりとしたワンピースながら、細かくダーツをとったスカート部分がフェミニンな印象。 <ビューティフル ピープル>ワンピース45,150円[本館2階=TOKYOクローゼット/ビューティフル ピープル]

ビルの2階にある<ディー・カッツェ>は、一見、普通の紅茶専門のカフェ……と、思いきや、店の角から現れたのは猫! 店長のケーニッヒ(この日はお休み!)以下、クイーン、カイザー&王女の4匹が“きままに”おもてなししてくれます。
「猫好きにはたまらない! 次回はスイーツやごはんも食べてみたいし、何より、カイザーくん、クーちゃん、オーちゃんにまた会いたい!」 と、身も心も癒されていたところ、なんとタロット占いもあるというのでさっそく体験。占いの結果は……タロットカードも猫柄でかわいかった! ということだけ、ご報告。
新宿区新宿1-19-8サンモール第7ビル202

エスニック柄のパンツに、さらりとシャツを合わせたボーイッシュなスタイル。リボンモチーフのサンダルで甘さをプラス。 <フローレント>シャツ15,750円、<ラウラ>パンツ24,150円、<ラウラ>サンダル30,450円[本館2階=TOKYOクローゼット/リ・スタイルTOKYO]

食事(お弁当)を食べながら、女性ダンサーやロボットによるショーを楽しむアミューズメントスポット<ロボットレストラン>。 というと簡単ですが、とにかく目に入るすべてのものが激しく鮮やか艶やかで、他のどこでも味わえないインパクトに圧倒されます。
「エントランスに置いてある恐竜ロボットからはじまって、ずっと目が泳ぎっぱなしのエンターテイメント空間でした。こんど地元の友達が遊びにきたときに連れてきたい!」 そう、ここの魅力(魔力)を納得するには、実際に行ってみるのが一番! 気になる方はぜひ一度、世界のセレブも通うというこの空間を“体験”してみることをおススメします。
新宿区歌舞伎町1-7-1 新宿ロボットビル地下2階

ショートパンツには、大胆なボーダーのTシャツを合わせてトップにインパクト。 <ラウラ>Tシャツ16,800円、<フローレント>ショートパンツ14,700円、 帽子9,660円[本館2階=TOKYOクローゼット/リ・スタイルTOKYO]

新宿のパワーに圧倒されたら、一日の最後を静かに過ごしたいもの。<ゾートロープ>は、“日本産の洋酒”をコンセプトにした大人のバー。 「プロジェクターの古いコメディ映画、ディスプレイされているキュートなおもちゃ、そして何より、映画好きそしてウィスキーを知りつくしたマスターとのおしゃべりがとっても魅力的♡」
と、ついついグラスを重ねてしまいます。最初の一杯は、マスターにおすすめしてもらうもよし、あるいは自分の出身地や縁のある県でつくられているウィスキーから始めるもよし。 日本でこんなにおいしいウィスキーが作られていたことに驚くこと間違いなしです。
新宿区西新宿7-10-14 ガイアビル3F

ジオメトリック柄が印象的なワンピースはゆったりとしたフレアなシルエット。<ミントデザインズ>ドレス35,700円[本館2階=TOKYOクローゼット/ミントデザインズ]

Archives

vol.0からvol.11 までの全12回で訪れたスポットのまとめページができました!
vol.0〜11 アーカイブス

TRY IT!

今回ピックアップしたスポットの感想や思い出、エピソードを教えて!

タイムアウト東京がおすすめする
いま伊勢丹新宿店でしかできないこと
by タイムアウト東京

「デパートは地下から攻める。」

生鮮食料品からスイーツまで、世界の美味が一堂に会する伊勢丹新宿店の本館地下1階食料品フロア。 1年を通じて食の祭典が行われているかのように賑わうフロアで、春のピクニックの食料を調達するのにおすすめなのが、 素材にこだわった洋惣菜とパンのショップが集うデリ エ ブーランジュリーのコーナーだ。
フレッシュな旬の素材を使った商品を提供するデリ、<ビーオーガニック>では、魚介やローストビーフを添えたサラダが人気。 ワインに合わせて味をチョイスするなら、産地や旬にこだわるフレンチデリ、<レブレ>を覗いてみるといいだろう。 サンドイッチ用のパンを徹底的に追求したという<イッツ サンドイッチ マジック>のこだわりのサンドも、 是非この機会に試してみたい。

<It’s SANDWICH MAGIC>マジックステッキサンド(ローストビーフ&サーモン)735円、 <ビーオーガニック>海の幸のサラダ(くるみドレッシング付)1365円、<デュヌ・ラルテ>キュブ ベー201円、キュブ セー201円、 <レブレ>海老とサーモンのバジルチーズテリーヌ クレープ包み(100gあたり)525円、野菜のミルフィユ風テリーヌ(100gあたり)494円 [本館地下1階=デリ エ ブーランジュリー]

ABOUT

伊勢丹新宿店とタイムアウト東京がコラボレーションし、新宿の魅力と東京のファッションを発信していくプロジェクト。
その街でしかできないことをタイムアウト独自の「ToDo形式」のレビューで紹介するシリーズの新宿編『新宿でしかできない101のこと』 を共同で制作、双方のメディアを通じて紹介します。

Collaboration Media

タイムアウト東京は、街の探索と発見の楽しみを日本語、英語のバイリンガルで伝える “お出かけ促進メディア”。 ヴニュー、イベント、特集記事、ブログなどのコンテンツをデイリーで発信しています。
新宿でしかできない101のこと vol.01

tabは、「行ってみたい」を集めたみんなの「MYマガジン」。 “行ってみたい・これ欲しい”と思ったものをウェブサイトやアプリの中から簡単に集めておくことができ、 近くに来ると教えてくれるサービスです。
新宿でしかできない101のこと