PAST

売買 BYE BYE ?

written by by 売展


2014.7.23 wed - 8.12 tue 終了
伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区

2014.7.23 UPDATE

e262_1.jpg

今回のTOKYO解放区は『売買』がキーワード。『売展(売店)』をテーマに展開します。
物の売り買いの価値や、売買の原点に立ち返り、物々交換やフリーマーケットなどの形態を含めたファッションの売買を通した価値の本質、価値の転換について考え直すきっかけになるような試み・・・なんていうと、なんだか重たいテーマのように聞こえちゃう?いやいやそこはTOKYO解放区、<リトゥンアフターワーズ>の山縣良和氏が手がけるアート性が高くユニークなアイテムに囲まれた、『売展(売店)』が繰り広げられます。

ユーモアがこめられた『売展』には、日本とパリのお土産屋さんが表現され、ウインドーでは空間デザインを中心に様々なクリエーションを手がけるKLOKAによるジオラマ装飾が登場します。

また、会期中は山縣氏が新たに立ち上げた2014FWデビューのリアルクローズライン<リトゥン バイ>の一部先行販売や、KLOKAの古今東西×和洋折衷をテーマにしたお土産グッズ販売、セントラルセントマーチン美術学校を主席で卒業し、世界から注目されているデザイナーmao usamiのコラボレーションシリーズも販売します。

e262_2.jpg

(左)<リトゥン バイ> 『資本論』のマルクスTシャツ 三越伊勢丹先行販売
(右)<リトゥン バイ> 売買の原点を探ることで新たな価値を by by Tシャツ 三越伊勢丹限定

e262_3.jpg

ビジュアルのタイトルは"0円紙幣"。福=服の神が鎮座!
<リトゥン バイ> 0円紙幣ストール 三越伊勢丹限定

お買物はエンターテインメント!TOKYO解放区で交わされる『売買』という行為が、より自由で楽しいものであるように、そんな願いを込めてお届けします。


☆ 山縣良和 PROFILE ☆

2005年にロンドンのセント・マーティンズ・カレッジ・オブ・アート&デザインを卒業。<ジョン・ガリアーノ>などでアシスタントを経て、2007年に自身のレーベル、リトゥンアフターワーズを設立。2013年には坂部三樹郎氏と開催した「絶命展」も話題に。2014年秋冬コレクションから、新ブランド<written by>(リトゥン バイ)を立ち上げた。


会期ごとにテーマを分けてお届け!

過去編 7月23日(水)~7月29日(火)
現在編 7月30日(水)~8月5日(火)
未来編 8月6日(水)~8月12日(火)


☆ 山縣良和氏 トークイベント開催 ☆

今回のイベントテーマや自身のブランド活動、またファッション観などについて語っていただきます。
※2014.7.18更新 イベント会期と内容が下記に変更となりました。ご注意ください。

■第1回目:7月27日(日) 午後3時~(約1時間)
 自身のブランド<リトゥンアフターワーズ>の歴史、ファッションについて
 ゲスト:<ASEEDONCLOUD>デザイナー 玉井健太郎氏
     <リトゥンアフターワーズ>取締役 深浦朋重氏

■第2回目:8月3日(日) 午後3時~(約1時間)
 今回のイベントテーマである、物の売買と自身のファッション観について

※本イベントにてお買い上げいただいたお客さまをお席にご案内させていただきます。定員になり次第終了となります。
※店頭の状況により、立ち見になる場合がございます。予めご了承ください。
※イベントは予告なく変更または中止となる場合がございます。予めご了承ください

a

written by by 売展のキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE