PAST

イセタンユカタセレクション

ISETAN YUKATA SELECTION 2014


伊勢丹新宿店本館7階=呉服

YUKATAシーズン本格到来!

ISETAN YUKATA SELECTION 2014

本館7階=催物場
7月23日(水)~28日(月)最終日午後6時終了

e253_10.jpg

夏本番!花火大会に夏祭り、ゆかたのおしゃれがたっぷり楽しめるこの時期、本館7階=催物場には今シーズンの新作ゆかたが大集合。

帯や下駄など、ゆかたにまつわるすべてが揃うのはもちろん、普段のファッションにもあわせたくなるヘアアクセや小物もご紹介。
ここに来ればゆかたまわりは一通り揃っちゃう♪ 夏イベントの前にぜひチェックしてください。


YUKATAでゲットハッピー

YUKATA SUMMER HAPPINESS

本館1階=ザ・ステージ
7月9日(水)~15日(火)

e253_9.jpg

さて今年もゆかたを着る機会がぐーんと増える季節。夏こそのイベント、花火や縁日も楽しみ。でもいつものおしゃれをゆかたにスイッチすれば、何もイベントごとじゃなくたって、夏の一日がもっとハッピーに。

伊勢丹ではここ数年、モードなファッションブランドと日本の伝統的な染織の技法によるファッション性の高いゆかたを発表して、ご好評いただいてきましたが、今年も皆さまの期待にお応えするゆかたを製作!本館1階=ザ・ステージにてお披露目します。

注目のラインナップはというと、<ルシアン ペラフィネ><タカヒロミヤシタザソロイスト.><アンダーカバー>が競演。伝統技法「捺染」で染め上げた生地を使い、レディス、メンズ、一部キッズのゆかたを新しい解釈でデザインします。また、<ポーター>からはゆかたにぴったりなモダンな袋物も登場。乞うご期待です!


e253_1.jpg

そろそろ本格的にチェックしたい今年のゆかた事情。本館7階=呉服コーナーでは、日本の夏の装いやライフスタイルがますます楽しくなるような企画が続きます。

IPnではカタログ『ISETAN YUKATA SELECTION 2014』のファッションディレクションとスタイリングを手がけ、自身が企画された6月25日(水)スタートのイベント「ISETAN × KORI-SHOW 七夕の過ごし方」が楽しみな山口壮大さんにお話をうかがいました。

☆ 山口壮大さん INTERVIEW ☆

e253_7.jpg

―――― 一昨年行われた、新宿の各企業による合同ファッションイベント「SHINJUKU STYLE COLLECTION」で伊勢丹の呉服コーナーと取り組みをスタートされてから今回で4回目ですね。

はい。「洋服と同じ感覚で着られるゆかたがほしいね」というところからスタートして、ちょっとずつ自分の中でトライアルの視点を変えてきました。
最初は伊勢丹でモードなゆかたを求められるようなファッション感度の高いお客さまにとって、スタイル的に斬新な感覚が求められているのかなと思っていたのですが、実際にゆかたを普段着ている方や、ゆかたを買いたいと思ってくださる方にとってみたら、日常からかけ離れてファンタジーになり過ぎてしまった部分もあって。

―――― 前回の「yukataで着こなす、和洋スタイル」は洋服のようにスタイリング提案された着こなしですね。

イメージを広げて、「こんな着方もありなんじゃないですか?」っていう提案をあえて掲げてみました。それに対してとても上手に取り入れてくださった方たちもいらして大きな手応えがあったのですが、逆に興味はあるんだけど、まだそういう着こなしにまでは辿り着けない、そこまでは勇気が持てないというお客さまもいらして。

―――― たしかにおしゃれ上級者向けな印象も!

ただやっぱり僕は、その勇気が持てないというお客さまに対しても、興味を持ってくださったことに対してすごいなと思っていて。
両方のお客さまに対して一番いい提案というか、ちゃんと身の丈に合いつつも、今までの感覚と違いつつも、歴史的なものが踏襲されている、何かそういった提案ができないかなと考えました。
今回の提案はそこにより近づけるように、オーセンティックなものをベースに敷きながら、洋装と和装を近づけていくというところを表現しています。

―――― 今回のイベント(※ISETAN × KORI-SHOW 七夕の過ごし方)の見どころは?

僕の感覚的なところで、心から自分の中で信じ込んでいるところもあるんですけど、今の時代において、ファッション感度が高くておしゃれだなと思う部分は、やっぱり歴史的なことであるとか、何か背景があるもの、そういったベースを含みつつ、感覚的に今の時代のムードにマッチしているものが、今一番おしゃれだなと思うんですね。
伝統的なものや、謂れのあるものには、すごく安心がある。だけど、そこに対しての新しい感覚や今の部分に寄り添ったものが見たくて、どこに行けばそれがあるんだ?と思った時に、世の中にそれがあまり見当たらなかったんです。

―――― まさにそれを体現したのが、今回のイベント!

突拍子もなく新しいものは、手が遠すぎる。だけど、リアルすぎていて、最近の"ノームコア"とかの「ベーシックだけど質のいいもの」みたいな考え方はちょっと退屈だなという感覚もあって。
前回パリでファッションショーを開催した経緯があったので、ファッションの売場で今回のような取り組みををやることもできたんですが、今回あえて呉服という伝統なものが背景にある売場でまずはじめに提案していくことに意義があることなんじゃないかなと思って、そういった部分をぜひ見ていただきたいです。

イベント「ISETAN × KORI-SHOW 七夕の過ごし方」の詳しい情報はこちらから

e253_2.jpg

ISETAN YUKATA SELECTION 2014 デジタルカタログはこちらから


☆ 山口 壮大 PROFILE ☆

1982年生まれ。文化服装学院卒(第22代学院長賞受賞)。2006年よりスタイリスト、またファッションディレクターとして活動開始。
国内のクリエイティブなブランドを取り扱うセレクトショップ「ミキリハッシン」、「ぴゃるこ」オーナー。


☆ ISETAN YUKATA EVENT SCHEDULE ☆

受け継がれる歴史、伝統の技法、職人の手仕事と現代のクリエーションから生まれた粋なアイテムが全国各地より勢揃い。日本の夏の装いやライフスタイルをもっと楽しむ、伊勢丹からのご提案です。

e253_3.jpg

■ ISETAN×KORI-SHOW 七夕の過ごし方
6月25日(水)~7月8日(火) 
本館7階=呉服
ファッションディレクター山口壮大氏と日本各地の伝統工芸メーカー8社とのコラボレーション<KORI-SHOW>から、七夕にもお楽しみいただけるライフスタイル雑貨をご紹介。ワンマイルウエアとして快適に着こなせる「夜着」も登場します。

e253_4.jpg

■ Special Collaboration <phro-flo×JUBILEE×???>
7月2日(水)~8日(火)
本館7階=呉服
手捺染や注染を中心に数多くの染技法を駆使し、現代的なデザインと伝統を融合させたポップなゆかたが揃う、東京・八王子の<奥田染工場>のブランド<phro-flo>。シミズタニノブヤ氏によるテキスタイルブランド<JUBILEE>とのコラボも。

e253_5.jpg

■ <傳tutaee>のYUKATA
7月16日(水)~22日(火)
本館7階=呉服
伝統技法の注染を用いながら、斬新なデザインのゆかたを提案する<傳tutaee>。帯に縄を使用するなど、自由でユニークな発想から生まれたモダンなコレクションは要チェックです。

e253_6.jpg

■ <Shi bun no San>ゆかたコレクション
7月23日(水)~28日(月)
本館7階=呉服
「日本人ときものにできてしまった距離を縮める」ことをコンセプトに、札幌の<野口染舖>が提案するファッションとしての新しいきものブランド。今回はデニムに絞り染めやレーザー加工を施したきものや、北海道をベースに活動するデザイナーコンビ<wabisabi>とコラボしたオリジナルゆかたが登場。

■ 7月9日(水)~31日(木)本館7階=呉服プロモーションでは、メンズのISETAN YUKATA SELECTION 2014イベントを開催します。
■ 7月23日(水)~28日(月)最終日午後6時終了 本館7階=催物場では、レディスのISETAN YUKATA SELECTION 2014イベントを開催します。


ISETAN YUKATA SELECTION 2014のキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE