PAST

TOKYO解放区的、パステルワールドへようこそ

トーキョーパステルvol.2


2014.1.22 wed - 2.4 tue 終了
伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区

e156_1.jpg

2014S/Sシーズンの海外コレクションでも主力トレンドに躍り出た"パステルカラー"を、東京で活躍する注目のクリエーターたちがどう料理するのか。単に「カワイイ」だけでは終わらせない、東京発のエッジィなパステルワールドが春夏のおしゃれをますます楽しくさせます。
e156_2.jpg

☆ 参加ブランドはこちら ☆

e156_01.jpgYUKI FUJISAWA

藤澤ゆき

記憶、感情や愛など「目に見えないもの」を、テキスタイルで表現。衣服や布という概念を超え かけがえのない存在になること、日々の生活の中での感情を大事にしたものづくりを行う。


e156_02.jpg

BALMUNG

hachi

"概念としての灰色"をコンセプトに、"東京"にインスパイアされた服を表現する。全く新しいボリューム感覚、特殊素材を組み込んだ素材感のコントラストが強烈な存在感を放つ。東京のストリートファッションカルチャーの中でも注目の若手クリエイターのひとり。


e156_03.jpg

somnium

大野いずみ

ラテン語で幻想・夢の意味。様々な材料や手法・技術を駆使し、妄想空想を形に。身に着けた人の生活にちょっとした夢や非現実感を与える、そんな願いをアクセサリーに込めて制作活動する今注目のアクセサリーブランド。


e156_04.jpg

himitsu by Syrup.

渡邉あゆみ

かわいい女の子をトータルで作る秘密の空間。ロリータPOPな甘いだけの可愛さだけでなく、大人のガーリーも表現する東京を代表するガーリーブランド。今イベントで初お披露目となる新ブランド<marie by syrup.>も先行販売にてご紹介。


e156_05.jpg

SOWA

aica・yugo

SOWAの作り出す洋服・アクセサリーは、甘く時に毒を放つ独特の世界観。ファンタジーとロックを感じさせる遊び心溢れるアイテムが魅力。すべてのプロダクトにおいてデザイナー自身のハンドワークが入り、エッジィさと繊細なフェミニンさが絶妙なバランスを放つ。


e156_06.jpg

STASTNY SU

赤丸卓正

ブランド名はチェコ語で「幸福のスー」。幸せを探し続けるという前向きさがコンセプト。オリジナルで制作するケミカルレースや、上品なパステルカラーのオリジナルテキスタイルが魅力。


e156_07.jpg

Sretsis eyes

Kly・Pim・Matina

Sretsisは姉妹=Sistersの逆さ言葉。仲良し姉妹のイマジネーションからデザインされる世界は、キュートでエキセントリック。ただガーリーなだけでなく、着る人のスタイルをより素敵に仕上げてしまう、今注目のアジアブランド。


e156_08.jpg

AVANTGARDE

「HEAD to TOE(頭からつま先まで)」をコンセプトに、レッグウェアを中心としたセレクトショップ<アバンギャルド>のオリジナルブランド。おしゃれを楽しむすべての人に向けて発信。


e156_09.jpgワンピースとタイツ

アーティストの作品をワンピースとタイツへ落とし込み、より身近なものにするためのブランド。参加アーティストは、前田エマ、愛☆まどんな、多田明日香、他。

トーキョーパステルvol.2のキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE