PAST

25周年を迎える<ミナ ペルホネン>。"ミニバッグ"と"エッグバッグ"がアーカイブテキスタイルで登場

minä perhonen × ReStyle 「つづくカタチ」


2019.6.5 wed - 6.11 tue 終了
伊勢丹新宿店本館3階=センターパーク/ザ・ステージ#3
190529-05-01.jpg

デザイナーの皆川明氏が1995年に立ち上げたファッション・テキスタイルブランド<minä perhonen(ミナ ペルホネン)>は2020年に25周年を迎えようとしています。

<minä perhonen>が始まって以来、作り続けられている"mini bag"。お洋服を作ったテキスタイルの残布を、何かに使えないかと生まれた小さなバッグです。素材を無駄にしないということにものづくりの基本があるということを忘れずに、今もなお作り続けられています。

そして同じ想いの中で生まれた"egg bag"。丸・三角・四角が「基本図形」だとしたら、生命を守り、育んでいくという有機的なたまごの形は「生命の基本形」だという由来からつくり続けられています。

この<minä perhonen>が大切にしてきた2つのスタンダードなバッグ。今回は伊勢丹新宿店限定で"mini bag"と"egg bag"それぞれで25種類ずつ、一つ一つにストーリーが込められたアーカイブテキスタイルで登場します。

※6月5日(水)の入場抽選は、締め切らせていただきました。 入場チケットをお持ちでないお客さまは、6月5日(水)午後3時以降に順次ご案内いたします。
ただし、混雑状況によりお待ちいただく場合がございますので、予めご了承ください。
また、初日の完売状況につきましては、リ・スタイル公式instagramより随時お知らせいたします。
リ・スタイル Instagram:@restyle_isetan_shinjuku

※今回のイベントに関しまして、ご購入の制限を設けさせていただきます。
バッグ類は計4点まで、(エッグバッグ2点まで、ミニバッグ2点まで、各型1点まで)洋品は1型1点までのご購入とさせていただきます。
※誠に勝手ながら、会期中の取置き・電話注文は不可とさせていただきます。
※伊勢丹オンラインでの一部商品の販売は、6月6日(木)正午より行います。
※数量に限りがございますので、品切れの節はご容赦ください。

minä perhonen × ReStyle 「つづくカタチ」のキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE