NOW

胸キュン雑貨が大集合!「新宿乙女雑貨店」が今年も登場

新宿乙女雑貨店2018


2018.7.25 wed - 8.21 tue 開催中!
伊勢丹新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5

何歳になっても、あなたの中にいる乙女心を騒がせる、可愛いモノたち。
そんな琴線に触れる可愛いモノを集めて毎年好評の「新宿乙女雑貨店」が今年も始まります!

180718-04-13.jpg

「新宿乙女雑貨店」では乙女アイテム5か条として
・柔らかく、淡い色合い
・ドットやストライプ、ジオメトリック柄などを使ったシンプルな形とパターン
・自然のモチーフ
・クラフトマンシップ
・収集したくなる
のテーマにマッチする作家によるクラフトアイテムを中心に個性豊かなインテリア、服飾雑貨まで、使うほどに愛着の湧くアイテムをラインナップ。
今回はガーリー・ボーイッシュ・センサイの3人の乙女像に分類し、それぞれの感性にフィットするアイテムをお届けします。

レトロなプリント心惹かれる。ガーリー乙女

凝った料理を作ること、手芸といったモノ作りが好きで、自室ににはオブジェやアートを飾るスペースがある"ガーリー乙女"は、どこか懐かしいレトロなアイテムをチェック。

180718-04-01.png

オリジナルのテキスタイルやコラージュを使って「お針子の夢見る世界」を表現する<SAKURAYAMA(サクラヤマ)>。
美しいモノ・可愛いモノの裏側のある妖しさも内包した作品が特徴。

180718-04-02.jpg

<文庫屋「大関」(ぶんこやおおぜき)>は東京の下町、墨田区の向島で90年以上の歴史を誇る工芸品メーカー。
大正モダンを彷彿とさせる革小物は、持つだけで気分を高めてくれます。

180718-04-12.jpg

雑誌や書籍などのイラストレーションを中心に活躍する<SODEKAHO(そでかほ)>。
今回は一見平面作品に見えるフラワーベースをご紹介。

■シンプルな中に私らしさ。ボーイッシュ乙女

"ボーイッシュ乙女"は、インテリアはパステルやビビッドカラーの差し色をプラスしてハッピーな空気感を演出するのが好き。
そんな"ボーイッシュ乙女"には、こんなカラフルな食器はいかが?

180718-04-04.jpg

宇都宮の工房で作陶する<斉藤ダイスケ>による、ビビッドでカラフルな器が集合。
日々の暮らしにエネルギーを与えてくれる作品ばかりです。

ワードローブに加えてほしいのが「洗いざらし"のよさを感じるガーゼ服」を作り続けるファクトリーブランドの<ao>のアイテム。

180718-04-05.jpg

リラックスして着られる、ゆったりとしたシルエットなのに、どこかエッジが効いている。
そんな洋服に出合えます。

<cottle(コトル)>もまた、デイリーに着たくなるウエアを展開するファッションブランド。

180718-04-06.jpg

国産デニムの発祥地でもある岡山県倉敷市児島にオフィスを構え、愛着を持って長く着込んでいくことで美しさが増し、持ち主だけの一着になる定番アイテムを提案します。

180718-04-07.jpg

ミシン刺しゅう家<sennokoto(センノコト)>の作品は、動物を中心としたモチーフをユーモラスに表現する作風。
「新宿乙女雑貨店」ではTシャツを中心に、多数のアイテムを展開し、8月8・11・12・14日にはデザイナーが来店する予定です。

■ドレッシー×シャビー。センサイ乙女

レコード屋や古本屋、パン屋巡りが趣味で、シャビーシックな1点もののビンテージ家具が好きな"センサイ乙女"には、その名のとおり、繊細なクリエーションにハートが掴まれるはず。

180718-04-08.jpg

<Takahashi Naomi(タカハシ ナオミ)>は、細い金属をかぎ編みした繊細で美しいアクセサリーが揃います。
1本の金属ワイヤーをデリケートに仕立てたアクセサリーは長く愛用できること、間違いありません。

180718-04-09.JPG

造形作家・荒良木つつじによる<kokageya(コカゲヤ)>は、季節の自然素材を用いたリース、ランプシェード、オブジェなどを展開。
シャビーなインテリアにマッチするフラワーアイテムが見つかります。

180718-04-10.jpg

ひとつひとつの模様に名前がついた<merinomi(メリノミ)>のアイテム。

A4サイズの薄紙はどの柄にしようか、何に使おうか、考えるのが楽しくなります。

180718-04-11.jpeg

<机上工芸舎(きじょうこうげいしゃ)>は金属、陶器を材料に机の上で使う暮らしの道具を制作しています。
料理が楽しくなる調理器具や盛る料理を美しく見せる食器、流行に左右されないカトラリーなど、即戦力になるアイテムばかり。

4週間の中で、作家やブランドが1〜2週間ごとに入れ替わるので、何度も足を運んでお気に入りを見つけてください。

新宿乙女雑貨店2018のキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE