PAST

デザイナー自ら紡ぐ物語がコレクションテーマの<ジュン オカモト>。今回のテーマは「フラワー」

FLOWER BY JUN OKAMOTO


2018.5.14 mon - 5.22 tue 終了
伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区
180509-05-01.jpg

デザイナー 岡本順さんが、自ら紡ぐ物語をコレクションテーマにしているブランド<JUN OKAMOTO(ジュン オカモト)>。
花屋の花、画家が描く花etc...など、デザイナーが出会った"FLOWER"を集めたPOP UP SHOPを開催します。

アレンジメント、絵画、洋服。デザイナーが出会った「フラワー」で彩られる

180509-05-02.jpg

目黒にあるオーダーメイドの花屋<ŒUVRE(ウヴル)>。画家の北村直登さんが描いた花で作った花柄の洋服。デットストックの生地をミモザやオリーブで染め上げた生地で仕立てるセミオーダーの洋服などをご紹介。

また、<ŒUVRE>が陶芸家の八代成実さんとコラボレーションした花器や、<ŒUVRE>初のオリジナルエプロンも先行発売します。

5月19日(土)午後1時~5時、5月20日(日)午前10時30分~午後7時には<ŒUVRE>の花屋も会場に出現。花で溢れる会場へお越しください。


JUN OKAMOTO
デザイナー自らが書く物語をコレクションテーマとして展開するブランド。物語自体が持つ詩的でアンニュイな雰囲気の中から切り取られたさまざまな情景が、物語主人公の「彼」から見た「彼女」の服という目線で、イノセントなカラーとフェミニンなディテイルを施したレディースラインとメンズラインで表現される。

ŒUVRE
代表 田口一征。目黒を拠点とし、オーダーメイドで季節の花を使ったブーケやアレンジメント、店舗、撮影、ウエディングの装花などを手掛ける。季節感や色のグラデーションを大切に、それぞれのお花のもつ美しさを生かしたアレンジを提案している。

北村直登
大分県大分市在住の画家。1979年生まれ。
幼少期よりサッカー漬けの日々を送り、1995年にはブラジルへ1年間サッカー留学へ。2002年大学卒業後、フリーターに。幼い時に母から絵が上手いと褒められた記憶から絵を描き始め、自作の絵を路上で販売しながら画家になっていった。2014年テレビドラマ『昼顔』の劇中作品を制作。


FLOWER BY JUN OKAMOTOのキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE