PAST

<マリメッコ>と日本の職人の技が織りなす柄の世界

Marimekko pop up shop “We Love Japan - The Isetan edition”


2017.6.7 wed - 6.13 tue 終了
伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ
170531-02-01.jpg

フィンランドを代表するデザインハウス<Marimekko(マリメッコ)>と、日本の文化や伝統技術を受け継ぐさまざまなジャンルの職人たちが、"We Love Japan"をテーマにコラボレーション。ザ・ステージに伊勢丹新宿店限定アイテムが多数登場します。

<Marimekko>の柄に日本の伝統色を纏わせてみたい

170531-02-02.jpg
「<Marimekko>のものづくりの原点である柄に、日本の伝統色をまとわせてみたい。そして伝統に裏付けられた素晴らしい技を持つ日本の職人たちと一緒にものづくりができたら、一体どんなことが起こるだろう!」そんな想いから始まった今回の期間限定イベント。 ハイテクと職人の技が融合した木製家具メーカー、カリモク家具が手がけるブランド、<カリモク ニュー スタンダード>のソファーをはじめ、400年の歴史がある有田焼の窯元<畑萬陶苑><福泉窯>の杯や香炉、飯椀が登場。明治28年創業の茶筒メーカー<加藤製作所>のブリキ缶には、本企画のための新柄がデザインされています。

170531-02-04.jpg
<カリモク ニュー スタンダード>Sofa

  • 170531-02-05.jpg
    <畑萬陶苑>Sake cup

  • 170531-02-06.jpg
    <福泉窯>Rice cup

170531-02-07.jpg
<加藤製作所>Tin box

このほか石川県・山中温泉で450年もの間、培われた木工轆轤挽きの技術をもとに作られた<畑漆器店>のウッドボックス、明治時代から続く「注染」という技法を用いて作られた手ぬぐい専門店<かまわぬ>の手ぬぐいなど、フィンランドのデザインと日本の技が融合した魅力あふれるアイテムばかりです。

  • 170531-02-08.jpg

    <畑漆器店>Wood box

  • 170531-02-09.jpg

    <かまわぬ>Tenugui

また"Marimekko×日本の伝統色"と題して「藍鉄(あいてつ)」「漆黒(しっこく)」「紅緋(べにひ)」といった、日本の伝統色を落とし込んだウニッコと新柄ヴァスキナのファッションアイテムやホームコレクションも特別販売。日本の色をまとった<Marimekko>のドレスやバッグ、テーブルウエアも注目です。

170531-02-10.jpg

170531-02-11.jpg
フィンランドと日本の出会いから生まれた、暮らしを喜びでいっぱいにしてくれる品々をお楽しみください。

170531-02-03.jpg


※6月7日(水)初日の販売方法については、伊勢丹新宿店ホームページのNEWSでお知らせします。


☆ PRESENT ☆
期間中、21,600円(税込)以上お買い上げの方に、<Marimekko>の生地を使用し、特別に作られた風呂敷(60×60cm)を差しあげます。
※数に限りがございます。なくなり次第終了とさせていただきます。


☆ EVENT ☆
TALK SHOW

■日時:6月9日(金)午後6時~
<Marimekko>ホーム デザイナーのサミ ルオツァライネン氏、<Marimekko>ストアデザイン ヴィジュアルマーケティングディレクターのロッタ プリンッシ氏、畑萬陶苑の畑石修嗣氏によるトークショーを開催します。
※トークショー終了後も、出演者は会場に残り、皆さまからのご質問等にお答えします。

Marimekko pop up shop “We Love Japan - The Isetan edition”のキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE