PAST

ニッポンが誇る職人の技をザ・ステージから世界に解き放つ!

職人解放区


2015.6.10 wed - 6.16 tue 終了
伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ
150603-02-01.jpg


和食、アニメ、ポップカルチャーetc...世界から熱い注目を集める日本!伊勢丹新宿店にも日々、日本の職人がつくり出す高品質なアイテムを探しに世界中から訪れるお客さまが大勢いらっしゃいます。

今回初めて本館1階=ザ・ステージで開催する「職人解放区」では、Gather、Global、Creativeの3つをキーワードに、モノづくり大国である日本の優れた職人の技術や、日本人が気付いていないけれど海外からは高評価の作品などを一挙ご紹介!
世界に誇る匠の技から新しいクリエイティビティまで、工芸品の新しい価値を発信します。

1.Gather
史上最多です!有田焼の26の窯元が暖簾を超えて集結

  • 150603-02-02.jpg
  • 150603-02-03.jpg

約150の窯元を持ち、来年2016年に創業400年を迎える佐賀県有田焼。さらなる注目を集める有田焼から、日本全国の職人が絶大なる信頼を寄せる国際感覚溢れるデザインディレクター h concept(アッシュコンセプト) 名児耶秀美氏の声掛けにより、26もの窯元が一堂に集結します!
ご紹介するアイテムは、日本の食文化とともに独自の進化を遂げ、若い方や海外の方にも人気の豆皿。老舗からニューフェイスの窯元まで、個性あふれる豆皿が並びます。
暖簾を超えてこれだけの窯元の豆皿が集結するのは史上初のこと。これは見逃せません!

150603-02-04.jpg

h concept(アッシュコンセプト) 名児耶秀美

デザインブランド<+d>で若手デザイナーとコラボレーションする一方、企業や産地のデザインコンサルティングなどで幅広く活躍。


2.Global
グローバルな視点で日本の職人技を見ると新しい発見が!

  • 150603-02-05--.jpg

  • 150603-02-06-.jpg

  • 150603-02-07-.jpg

世界に誇る日本の職人技術。国外から見ると、日本人も気付いていなかった素晴らしい職人技がまだまだあるかも。ニッポンの魅力を追い続ける月刊誌『Discover Japan』と外国人キュレーターのイェンス・イェンセン氏がコラボレーションし、グローバルな視点で見た世界的に評価の高い職人や作品をセレクト。
スプレー缶を自在に操るZENONEと表具師 井上雅博氏による、表具をキャンバスにスプレーで侍がステンシルされたアートパネルをはじめ、<京竹籠 花こころ>小倉智恵美氏が細やかで繊細に編んだ竹工芸の盆、ハンドメイドの温もりと色のグラデーションが美しい<fresco>のグラスなど、伝統を守りながらも確かな技術力を生かして新しいものづくりを行う職人たちの作品をご紹介します。 日本の新しい価値を新発見!

150603-02-08-.jpg

イェンス・イェンセン

デンマーク出身。「世界では職人=技術者。デザイナーを兼ねる日本の職人は世界でも希有な人材」というイェンス氏は、月刊誌『Discover Japan』や『Wallpaper』などで日本の魅力を発信している。


3.Creative
贈り手と職人の想いがこもった、とっておきのオンリーワンギフトを提案

  • 150603-02-09.jpg

  • 150603-02-10.jpg

国内外のファッション、アートイベントなどの企画・演出・制作で活躍する小松隆宏氏が、日本の職人やアーティストの魂・技・感性と贈り手の思いを融合させる世界でたったひとつのギフトを創るプロジェクト"THE GIFTER"を提案。
俵藤ひでと氏のメッセージ・バーコードは、寄木細工のようにアクリルのパーツを組み合わせた技法の「寄せアクリル」で作られていて、バーコードリーダーをかざすことでバーコードに込められたオリジナルのメッセージが読み取れる仕組み。また、アーティスト Funny Dress-up Labは、写真を元にミニ四駆のドレスアップステッカーを使用してポートレートを製作するなど、世界にたったひとつのギフトをオーダーできます。
創造的にモノづくりを手掛ける職人の作品に、贈り手の想いも込めた特別なアイテムをぜひ会場で作ってください!

150603-02-11.jpg

THE GIFTER 小松隆宏

watowa inc.代表。国内外のファッションショーやイベントの企画・演出・制作を行う。2015年にオーダーメイドギフトの新ブランド"THE GIFTER"をスタート。

職人解放区のキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE