I'm crazy about Shinjuku VOL.7

ロンドン育ちのラウラ・リベイロ、シネマの街をヒロイン気分で過ごす

外国人が夢中になる新宿遊びスポット


今回のSPOT

ブラジル生まれのイギリス育ち、現在は日本に住む国際色豊かなモデルのラウラ・リベイロさん。ロンドンのファッション名門校「ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション」でファッション写真を学び、フォトグラファーとしても活動しつつモデルの活動のために来日した彼女は“シネマの街”としての新宿がお気に入り。「実は人混みが苦手でインドア派…」なため、街の喧騒から逃れられてリラックスできる映画館に、自然と足が向くのだそう。新宿は、伊勢丹新宿店のある三丁目を中心に昭和初期からの映画街で、今もさまざまなタイプの映画館が密集する激戦区です。今回は、アクション映画から恋愛映画まであらゆる映画を愛するラウラさんが、選りすぐりの映画館を紹介してくれました。


☆ PROFILE ☆

ラウラ・リベイロ

モデル活動のため1年半前にロンドンから来日。以後、雑誌、広告などを飾り、注目を集める。活動はモデルのみにとどまらず、自身のライフスタイルを紹介するインフルエンサーとしても絶大な人気を誇る。


SPOT
01

新宿シネマカリテ

人気作からカルト作まで。「なんでもあり」の駅近ミニシアター

新宿駅東南口から徒歩2分、老舗映画館「新宿武蔵野館」の系列として2012年にオープンした新宿シネマカリテ。「なんでもあり!」のラインナップで幅広い客層を虜にし、ラウラさんも足繁く通うというミニシアター。「落ち着いた雰囲気の館内が好き。私自身、いろいろな種類の映画が好きなので、ここのラインナップは常にチェックしています」と語るラウラさん。館内のグッズやポスターを眺める目はシネフィル(映画通)そのもの。シネマカリテの座席は、パリオペラ座やベルサイユ宮殿でも使用されている仏・キネット社の高級品!「映画1本見終わっても、まったく疲れないんです」。渋谷のミニシアターが軒並み閉館した今も、ぶれずに文化を継承する心意気もクールです。

流暢な日本語でチケットを注文!

スクリーンは96席と78席の2つ。ともにDCP(デジタル)と35ミリフィルムの上映環境を完備

気になる映画のパンフレットを真剣に読みふける。新たな映画と出会るのが喜び

他のお客さまと感情を共有しやすいのが、小さい映画館ならでは! そこに映画体験の真髄がある気がします。

スポット名
:新宿シネマカリテ
住所
:東京都新宿区新宿3-37-12新宿NOWAビルB1階
電話番号
:03-3352-5645
営業時間
:上映スケジュールにより変動
定休日
:2月と6月の第4月曜日
URL
http://qualite.musashino-k.jp/

SPOT
02

TOHOシネマズ 新宿

思わず歓声を上げてしまう、圧巻のスケールの一大エンターテインメント空間

「SF、アクション、アドベンチャーを観るなら断然ココ!」とラウラさんが次に案内してくれたのは、2015年4月にオープンし、実物大のゴジラが姿を見せる外観で新たな新宿のランドマーク、観光名所として定着しつつあるTOHOシネマズ 新宿。12スクリーン、2300席を有し、次世代サウンドシステム対応の「IMAX®デジタルシアター」や独自規格の巨大スクリーンを導入etc.、外観だけでなくすべてが“ゴジラ級”の最強スペック&クオリティの一大エンターテインメント空間で、平日・土日に関わらず多くの来場者で賑わっています。ラウラさん、フットレスト付きのシートに気持ちよさそうに横たわって、「デートはもちろん友達との女子会にもオススメです」。

フットレスト付きで電動リクライニングの“プレミアラグジュアリーシート”に座ってご満悦

入った瞬間誰もが驚きの歓声を上げる、独自規格の巨大スクリーン

建物から顔出す実物大のゴジラが目印。観光で訪れる外国人にもわかりやすい!

すべてがびっくりする規模! 座席がゆったりしているしフードやドリンクも充実しているのでデートや女子会にもおすすめです。

スポット名
:TOHOシネマズ 新宿
住所
:東京都新宿区歌舞伎町 1-19-1 新宿東宝ビル3階
電話番号
:050-6868-5063
営業時間
:上映スケジュールにより変動
定休日
:無休
URL
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/076/TNPI2000J01.do

SPOT
03

伊勢丹新宿店 本館3階 インターナショナルクリエーターズ

モードの先鋭的な提案の数々がインスピレーションを刺激する

ファッション感度の高いロンドンで育ち、ファッションの名門校で学んだだけあり、やはりラウラさんの関心はトップブランドの数々。「つい先日もボーイフレンドへのプレゼントにイタリア製の香水を購入しにきました」という伊勢丹新宿店は、新宿でのショッピングでハズせない場所とのこと。
なかでもお気に入りは、外国のファッショニスタや観光客でも賑わう、本館3階の「インターナショナルクリエーターズ」。<COMME des GARCONS (コム デ ギャルソン)> など、常にモードの先鋭的な提案がされています。ラウラさんは、「眺めるだけでインスピレーションを得られる場」として重宝しているのだとか。

インターナショナルクリエーターズの周辺にはラグジュアリーなアイテム群も

モード派の女子に欠かせないギフトも同じ3Fフロアにあり、ついつい長居してしまう

天井のデコレーションが眩い光を放つ非日常空間がインスピレーションを刺激!

ディスプレイや宣伝方法にも、常に魅了されています。各ブランドの個性を引き出してくれるからショッピングもしやすい。多くのクリエイターが関わってショップ空間が作られていることがわかります

スポット名
:伊勢丹新宿店 本館 3階
住所
:東京都新宿区新宿3-14-1
電話番号
:03-3352-1111(大代表)
営業時間
:10:30 - 20:00
定休日
:不定休
URL
http://www.isetan.co.jp/

SNAP

忙しい街はあまり好きではないけれど、そんな中でも新宿の路地裏や小さな通りに魅力を感じます。シネコンやミニシアターとこれだけ映画館が密集した街は世界的にみてもとても珍しいです。映画以外でもファッション、フード、ナイトライフ…すべてにおいて充実している。世界で唯一無二の街ですよね!


I'm crazy about Shinjuku VOL.7のキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
ARTICLE INDEX