I'm crazy about Shinjuku VOL.5

日本酒と歌謡曲に浸る、スコット・マーフィーの新宿ひとり遊び

外国人が夢中になる新宿遊びスポット


今回のSPOT

米国・シカゴ出身のミュージシャン、スコット・マーフィーさん。J-POPのカバーでヒットを放ったメロディックパンクバンド「ALLiSTER(アリスター)」のほか、ウィーザーのリヴァース・クオモとのユニット、「スコット&リバース」やソロでも活躍。2015年5月には、細美武士らと新バンド「MONOEYES」を結成し、フェスやライブツアーで日本全国を席巻中です。そんなスコットさん、独学で学んだ日本語は堪能で、実はかなりの新宿通。2001年の初来日から、宿泊場所はほとんど新宿で、今年の春からは部屋まで借り、長期滞在しているとのこと。「ショッピング街、ビジネス街、飲み屋街でもある大都会。ボクは夜に出歩くけど、夜中まで開いている店ばかりだからいいよね」。夜な夜なひとりで街へ繰り出しては、日本酒、歌謡曲に浸る。“夜の新宿ひとり遊び”の楽しみ方を教えてくれました。


☆ PROFILE ☆

スコット・マーフィー

アメリカ、シカゴ出身。1995年に、メロディックパンクバンド「ALLiSTER(アリスター)」を結成。2001年初来日し、日本都市6ヵ所のツアーを遂行。J-POPを得意の日本語でカバーした『Guilty Pleasures』シリーズがヒット、ロングセールスを続ける。2012年には、ウィーザーのフロントマン、リヴァース・クオモと新ユニット「スコット&リバース」を結成。2015年5月に細美武士(the HiATUS/ex.ELLEGARDEN)と共に新バンド「MONOEYES」を結成し、2015年7月1stアルバム『A Mirage In The Sun』をリリース。フェスやアルバムのライブツアーで日本全国を熱狂させている。


SPOT
01

日本酒スタンド 酛(もと)

立ち飲みスタイルで、気軽にレアな日本酒と会話を楽しむ

無類のお酒好きながら、日本酒が好きになったのは、日本に来てからだったというスコットさん。「シカゴは日本人が少ないこともあって美味しい日本酒に出会えなかったんだけど、日本で飲んだ日本酒は味が奥深くて感動したんだ」。今や日本酒マニアのスコットさんお気に入りの店は、新宿三丁目の地下にある「日本酒スタンド 酛(もと)」。立ち飲みスタイルで、気軽に豊富かつレアな日本酒セレクションを堪能できるとあって、昼間から常連客はもちろん海外からの旅行客でも賑わっています。この日は、足繁く通うきっかけとなった元名物店長で唎酒師 (ききざけし)、現在は恵比寿の系列店を手がけるまりえさんと、再会の乾杯。カウンター越しの会話、隣客との会話が楽しいのも通う理由のようです。

膨大なラインナップのなかから、まりえさんがセレクトしてくれたのは、栃木の地酒「仙禽」をはじめとするこの5本

看板メニューは、ポテサラと特製なめろうタコと巨峰粒うに和えの3皿。創作性に溢れながらどこか懐かしさも感じさせる味わい

新宿で飲む際には必ずといっていいほど最初に寄る。「その日の気分によっていろいろな日本酒を味わえるのがお気に入り」

日本酒の美味しいお店は、ネットでいつもチェックしているんだ。いつもひとりで飲みにいくんだけど、ここだと、客同士の距離が近いから、シャイなひとが多い日本人とも会話が弾むから楽しいよね

スポット名
:日本酒スタンド 酛(もと)
住所
:東京都新宿区新宿5-17-11 白鳳ビルディング B1
電話番号
:03-6457-3288
営業時間
:[月 - 金]15:00~23:00
[土・日・祝]12:00~21:00
定休日
:不定休
URL
http://ameblo.jp/shinjuku-moto/

SPOT
02

ディスクユニオン昭和歌謡館

昭和のメロディ・ジャケット・詞の世界すべてが新鮮。歌謡曲に浸れる専門店

自身のバンド「ALLiSTER(アリスター)」で、美空ひばりの「川の流れのように」や長渕剛の「乾杯」をカバーするなど、日本の音楽に惹かれるスコットさんが休日に足を運ぶのが、新宿駅前のレコード店「ディスクユニオン」。昭和に関する音楽全般をカバーする「昭和歌謡館」は、絶好のインスピレーションの源となっているようです。新宿をフラッと歩いていた時に、偶然発見して立ち寄ったのがきっかけ。「昭和歌謡はまだまだ知らないことばかりで、刺激を受けるよ」と目を輝かせます。昔からアナログのレコードが好きで、シカゴに帰る際にはスーツケース一杯に買って帰るという彼。「レコードで聴く音は、CDやデータとはぜんぜん違うよ」。漢字も読めるとあって、独特の詞の世界にも目を留めていました。

膨大な歌謡曲を掘るスコットさんがまず探したのは大好きだというザ・ピーナッツ。「双子の姉妹が同じメロディをコーラスするのが、まるでディフューズしているようで面白い」

店内の試聴機で、欧陽菲菲の「ラブ・イズ・オーヴァー」を聴くスコット。歌詞を見ながら噛み締めるように聴き入ります

お店の“顔”は、壁一面のドーナツ盤のラインナップ。時代を席巻した名曲のレコードジャケットは、今見ても新鮮なものばかり

歌謡曲に関心を持ったきっかけはザ・ピーナッツの「恋のバカンス」。日本の歌謡曲は、世界中のどの音楽にも似ていない独特のメロディで面白いよ

スポット名
:ディスクユニオン昭和歌謡館
住所
:東京都新宿区新宿3-28-4 新宿三峰ビルBF
電話番号
:03-6380-6861
営業時間
:[月 - 土]11:00~21:00
[日・祝]11:00~20:00
定休日
:無休
URL
http://diskunion.net/shop/ct/showa_kayou

SPOT
03

伊勢丹新宿店 食品フロア 粋の座

百貨店の食品フロアに、唎酒師(ききざけし)が選ぶ日本全国津々浦々の銘酒約300種

ライブやツアーで日本全国、世界中を飛び回るスコットさんが、お土産を探すために必ずと言っていいほど訪れるのが、伊勢丹新宿店本館地下1階の食品フロア。ここでもお目当ては、「やっぱり日本酒だね!」。「それぞれの銘柄に個性があって奥が深いのが日本酒の魅力」と語るスコットさんの心と喉を満たす和酒のコーナー「粋の座」には、唎酒師がおり、各都道府県の銘柄をおよそ300種類もラインナップ。日本酒と料理のマリアージュを楽しめる「和酒おもてなしカウンター」があるほか、プロモーションスペースでは、日本酒のイベントが開催されるなど、日本酒好きにはたまらない場所。海外でも数年前から日本酒がブームとあって、連日多くの外国人が多く訪れています。

天井まで整然と陳列された日本酒がずらりと並ぶ圧巻の日本酒棚

熟成酒や季節ごとの旬のお酒が並ぶ日本酒セラー

料亭の「正月屋 吉兆」の料理と共にお酒と料理の相性を楽しめるテイスティングカウンター

いつも地下1階の食品のフロアにばかり行くんだけど。必ず立ち寄るのが、日本酒のエリア。とっても多くの種類が置いてあるからね

スポット名
:伊勢丹新宿店本館地下1階 食品フロア
住所
:東京都新宿区新宿3-14-1
電話番号
:03-3352-1111(大代表)
営業時間
:10:30 - 20:00
定休日
:不定休
URL
http://www.isetan.co.jp/

SNAP

なんでもある大都会の街だからという理由で初来日の時から日本での生活の中心にしてきたけど、新宿は本当に面白い場所だよね。大好きなのは音楽と…酒! この2つだから(笑)、いつもグルメサイトやアプリを使って新宿のありとあらゆる日本酒のお店をまわっているよ。


I'm crazy about Shinjuku VOL.5のキーワード

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
ARTICLE INDEX